記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副作用について紹介します

ロスミンローヤルは医薬品なので、副作用や服用方法について心配になることありますよね。
サプリメントと違い、いつでも飲めるという訳ではありません。
副作用について調べたので紹介します。

ロスミンローヤルが登録されている医薬品は3つに分類されます。
分類名や違いはこの通りです。

【第一類】
薬剤師以外は販売できません。
処方箋も必要で、副作用のリスクが高い薬のことです。

【第二類】
薬剤師以外も販売することができます。
対面販売しないと売ることができず、副作用のリスクがあります。

【第三類】
薬剤師以外も販売できます。
対面販売しなくても売ることができ、副作用のリスクが低いです。

ロスミンローヤルは「医薬品第三類」に分類されており、副作用のリスクは低いです。
しかし飲み方を間違えると胃を痛めたり、副作用を引き起こす危険性もあります。
1、空腹時を避けて、食後30分以内に飲むこと。
2、摂取量は1日2回、1回3錠までにすること。
を必ず守りましょう。

効能に「栄養補助」とあり、公式ホームページにも妊娠中や授乳中に服用しても大丈夫だと記入がありますが、妊娠中は何が起こるかわかりません。
担当の医師に相談してから飲む方が安心ですね。

効果や副作用を確認する
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。